フジサキBlog
※上部にフレームが表示されていない方はここをクリック

<< オラタンにサテライトモニターを付けた | main | コナ研15周年です >>
壮大な実験場
みなさんこんばんは、フジサキです。



テーブル筐体のガラスって割れるんですね。

強化ガラスなのでちょっとヒビというか傷が入ると全体がこうなっちゃうんですよね・・・
誰も怪我しなくて良かった。そしてそれ以上に、沙羅曼蛇筐体純正ガラスじゃなくて普通のほうのガラスで本当に良かった(大汗

で、今回、せっかくなので天板をアクリルで調達してみることにしました。
こっちのほうの筐体は、沙羅曼蛇純正テーブルを整備したときの部品取りをした残りなので、壮大な実験場というかいろいろと思いつきでやって整備しているものなので。

静電気帯電防止タイプのアクリルというものがあるのでそれの5mm厚をセミオーダー。
縁とディスプレイ周りには黒い縁取りが必要なので、ビニールテープと黒い紙(手元に紙袋しかなかったのでそれを細く切ったもの)をはさんでいるインストの側に貼ることでなんとかしました。インストはコピーしたものをラミネート加工しているのでこういうことはためらいなくできますw
本当は塗装かカッティングシートでやるところなんでしょうけれど、とりあえず形にしてしまいたかったので仮対処ってことで・・・

1405253130080.jpg
DSC_0007.JPG
DSC_0005.JPG

で、完成した結果。

1405609263085.jpg

軽い!!!
液晶ディスプレイにしていることもあってさらに軽さに拍車がかかりました。
アクリルなのでガラスと比べて傷つきやすくなったものの、割れることはなくなったので、家庭で使う分にはアクリルのほうがむしろ望ましいのではないでしょうか?

とにかく今回は壊れたのが純正のほうじゃなくてよかったですわ・・・。みんなも気をつけてね。
| 藤崎景子@コナ研 | 活動報告 | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://konaken.jugem.jp/trackback/436
<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2008年以前の記事はこちら
ブログ内検索
+ 最新の記事
+ Topics
+ カテゴリ一覧
+ 月別表示
+ 最新のコメント
+ 巡回先・よく使うサイト
+ プロフィール
+ いろいろ